報酬を求めない奉仕は、他人を幸福にするのみならず、我々自身をも幸福にする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本日の名言・格言・心に響く言葉】

報酬を求めない奉仕は、
他人を幸福にするのみならず、
我々自身をも幸福にする。

- マハトマ・ガンジー -

(インドの活動家、政治家、宗教家、インド独立の父として知られる。)

 

 

自分が何かを得ようと思うのであれば、
その環境に自分が何をできるか考えるべきである。

 

一見、報酬を求めない奉仕という本日の言葉からすると
矛盾しているように感じるかもしれません。

 

しかし、そういうわけではありません。

 

普段からそういう人間であるかどうかの問題なのです。

 

正直に言うと、
見返りを求めた奉仕であっても、
うまくやりさえすれば、
ある程度の見返りを得ることは出来るでしょう。

 

見返りを得ることも、報酬を得ることも、簡単なのです。

 

しかしそれは、一時的な話なのです。

 

一時的に報酬を得ることは簡単なのです。

 

例えば、

 

ものすごく熱心に訪問してくれる営業マンがいたとする。
その人は売る商品のこととは関係のないことまであなたに尽くしてくれる。
話し相手にもなってくれる。
体調の悪い時にはなんらかの差し入れまで持ってきてくれる。
あなたのために、奉仕してくれるのです。

 

さて、あなたはこの営業マンの商品に興味を持たないだろうか。

 

答えは、商品に興味は持っていないはずです。
その営業マンに興味があるのです。
好意を持つのです。

 

その営業マンが売る商品に興味を持つのです。

 

与えられると返したくなる。

 

これが人間の本質なのです。

 

だから、一時的であれば、
見返りを得ることも、報酬を得ることも、簡単なのです。

 

あなたもこれに近い経験をしたことはないでしょうか。

 

しかし、ここからが本当に売れる営業マンと
そうでない人の差です。

 

その後、なんの音沙汰もなし。
買ってから、トラブルがあっても対応してくれない。
あとはメーカーに問い合わせてくださいと。
来てくれたとしても、前までの雰囲気と何か違う。

 

こんな経験をしたことはないでしょうか。

 

そうなったとき、あなたは次回、その会社から商品を買うでしょうか。
ましてや、その営業マンから商品を買うでしょうか。

 

この原則を知っている少しだけ頭のいい営業マンがよく使う方法です。

 

だから、誰しもそんな経験をしたことがあると思います。

 

しかし、その営業マンが永続的に売っているかというと?
そうではないと誰でも予想がつくと思います。

 

なぜなら固定客がいないのだから。
新規顧客開拓が一番難しいことを知っている人も多いと思いますし、
知らない人でもなんとなく新規顧客開拓が難しいことはわかると思います。

 

営業の世界では新規顧客はほとんど門前払いですから。

 

本当に売る営業マンは本当に買う人のために営業するのです。
その人が本当に必要だと思うから売るのです。

 

もしその商品に不具合があると、
なんとかしてあげたいのです。
なぜなら自分が、その人が必要だと思って売った商品のせいで
その人が困っているのだから。

 

売る理由が違うのです。

 

こんな営業マンが永続的に売れるかというと?
売れるんです。

 

前置きが長くなりましたが、
ビジネスの世界であっても、人間関係であっても
この原則は絶対です。

 

人に愛を注ぐときは無条件でなければいけない。

 

そもそもあなたは前者の営業マンと、
後者の営業マンの門前払い率は一緒だと思うでしょうか。

 

一緒だと思う人は、この質問に答えてみてほしいと思います。

 

自分の会社と自分の利益のためにしゃべっている営業マンと、
本当にあなたのためになると思ってしゃべっている営業マンと、
あなたは見分けがつきませんか?

 

人とは習慣なのです。

 

考え方、その人の心の持ちようなのです。

 

以前にこのブログでも紹介した、

 

心が変われば、態度が変わる。
態度が変われば、行動が変わる。
行動が変われば、習慣が変わる。
習慣が変われば、人格が変わる。
人格が変われば、運命が変わる。
運命が変われば、人生が変わる。
- ヒンドゥー教の教え -

 

この言葉そのものだと思います。

 

そして、人は与えられたら返したくなるものだと言いました。
この原則は絶対です。

 

だから、この原則を本当に理解している人は
収入も得ていますが、

 

そもそも
お金なんてものは与えることで返ってくる対価でしかないのです。

 

無条件の愛を注いていれば
本当に返ってくるものはお金より大きなものです。

 

しかし、お金が1番対価として返しやすいから
対価として最もよく使われるだけなのです。

 

だから、あなたも何か感謝したときに対価としてお金を払う。
欲しい商品をもらう代わりに対価としてお金を払う。
だからお金は対価を払うために必要なものだと知っているのです。
知りすぎて、お金の価値を過大評価し、勘違いしてしまうのです。

 

報酬に執着しているうちは未完成な人間なのです。

 

成功する人は、本当の対価とは何かを知っているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*