1年後の成功を想像すると、日々の地味な作業に取り組むことができる。僕はその味をしめてしまったんですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本日の名言・格言・心に響く言葉】

1年後の成功を想像すると、
日々の地味な作業に取り組むことができる。
僕はその味をしめてしまったんですよ。

- 本田圭祐 -

(日本のプロサッカー選手、イタリアの名門ACミランに所属、ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。)

 

 

忍耐なくして成功はありません。
努力なくして成功はありません。

 

しかし、努力や忍耐だけで成功した人はほとんどいません。

 

成功するまでの過程をも楽しんでしまう人が成功するのです。

 

今日の言葉はまさにそんな言葉だと思います。

 

地味な作業や日々の鍛練や積み重ね、
こういったものを楽しめる人は少数です。

 

しかし、成功する人はそれらをも楽しんでしまう。

 

なぜか?

 

まず、成功する人とそうでない人の根本的な違いは、
自分のビジョンが明確に見えているか見えていないか。
そして、そうなると信じ、本当の意味で決断しているかしていないかです。

 

ビジョンが明確になっていない人は
自分の将来を白黒写真で見ているようなものです。

 

ビジョンが明確になっている人は
まるで動画のように、そして今にも手で触れるかのように見えているのです。

 

ビジョンが明確になっていない人は
1年後、成功できるように頑張るのです。

 

ビジョンが明確になっている人は
1年後、確実に成功が手に入ることを知っているから頑張るのです。

 

そこまで明確になっているから、
日々の積み重ねをも楽しめてしまうのです。

 

その鍛練は
1年後、確実に手に入る成功の種まきだと感じているのです。

 

例えばあなたが何かのセールスマンだったとしましょう。

 

当然、売れば売るほど収入は増えます。
やる気満々です。

 

あなたは何件の家を訪問するでしょうか。

 

10件、50件、100件

 

どこまで頑張れるかはあなた次第ですが、
どれだけ訪問すれば売れるかは分かりません。

 

もし50件訪問しても1つも売れなかったとしたら、
やる気満々だった始めのころと同じ気持ちで訪問し続けられるでしょうか。

 

その人の精神力にもよりますが、
ほとんどの人は同じ気持ちでは訪問できないでしょう。

 

ただもし、60件訪問すれば確実に売れると分かっていたらどうでしょう。

 

100件訪問すれば3つは確実に売れるとすればどうでしょう。

 

その1件1件の訪問の積み重ねが、
売れるという成功に近づいていると感じないでしょうか。

 

成功する人とそうでない人の差はここにあるのです。

 

まず自分は確実に成功すると信じている。
日々鍛練をするたび成功が近づくと確信している。
だから日々の鍛練ですら楽しむことができる。

 

ビジョンが明確になっているから
容易に成功を連想することができる。

 

成功すると確信しているから
日々の鍛練は成功への道のりだと感じ、
楽しむことができる。

 

あなたの夢はなんだろう。

 

大富豪になることでしょうか?
甲子園に出場することでしょうか?
ミリオンセラーの歌手になることでしょうか?

 

もしあなたが一つ地味な作業をするたびに、
夢に一つずつ近づいていると明確に連想できれば
苦手だった地味な作業も楽しいと思えるのではないでしょうか。

 

ビジョンを明確にし、
成功すると確信することで、
簡単にその連想を手に入れることができるのです。

 

成功するために必要なことは、
明確なビジョンと自信だとよく聞くと思います。

 

その理由はこれだけではないし
これは明確なビジョンと自信を持たなければいけない理由の一部にしか過ぎませんが、
少しは理解していただけたのではないでしょうか。

 

そしてもう一つ。

 

成功者は成功したから自信があるのではない。
自信を持ったから成功したのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*