時は金なり ~Time is money~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本日の名言・格言・心に響く言葉】

時は金なり
~Time is money~

- ベンジャミン・フランクリン -

(アメリカ合衆国の政治家、著述家、物理学者。)

 

 

このあまりにも有名な言葉ですが、
誰の言葉か知らない人が意外と多いかもしれません。

 

ベンジャミンフランクリンという
現在のアメリカの100ドル札に描かれている人物です。

 

どのような人かはここでは割愛させていただきますが。

 

そしてこの言葉の意味を

 

時間はお金と同様に大切なものだから
無駄にしてはいけない

 

ととらえている人が多いかと思います。

 

実際、ことわざなどを調べればそのように載っているかもしれません。

 

しかし、本当は違います。

 

時は金なりとは

 

時間をお金で換算する考え方から生まれた言葉なのです。

 

1日1万円稼げる人が、
1日働くのをやめて遊びに行ったとします。

 

その場合、遊びにかかった費用が5千円だったとしても、
その人が支払った金額は遊びの費用5千円だけではなく、
本来得られるはずだった1万円も支払っているという考え方です。

 

つまりその人は1万5千円支払ったことになるのです。

 

そしてその人は、遊ぶ時間を過ごすために
実質的な費用とは別に
1万円支払ったという考え方です。
1万円で遊ぶ時間を買ったという考え方です。

 

私はこの考え方が好きです。

 

なぜなら、全くその通りであるからです。

 

これをしっかり理解すれば、少しは時間の大切さが分かるはずです。
時間の大切さに気付かされる言葉です。

 

しかし、私個人的にはこのとらえ方でも不十分だと思っています。

 

時はとは全てである。

 

時間をお金で換算する考え方は素敵ですが、
やはり時間をお金で換算することは不可能。

 

なぜなら、時間はお金で買えないからです。

 

時間を有効に使ってお金を生むことは出来ても、
お金をどれだけ有効に使っても時間は生めないのです。

 

時は金なりなんてものではない。
時間こそ全てなのです。

 

人がお金を求める理由は、
お金によって得られるであろう気持ちを手に入れたいからです。

 

その根本にあるのは素敵な時間を過ごしたいということ。

 

お金そのものを手に入れたいのではありません。

 

素敵な時間を過ごすための方法のひとつとして、
お金を手に入れたいと思っているだけなのです。

 

お金を得ることで、
「生活の不安から解放される。」
「素敵な家に住んで、素敵な車に乗って、素敵な服を着ることができる。」
「美味しいものを食べたり美しい場所に行くことができる。」

 

全て、素敵な時を過ごしたいという思いから、
お金を稼ぎたいと思っているだけなのです。

 

お金を手に入れても素敵な時を過ごせないのであれば
誰もお金を求めないでしょう。

 

欲しい物を手に入れたいからお金が欲しいという人も、
結局その物を得ることで得られる気持ちが欲しいのです。

 

つまり時間とは、

 

お金と同等に大切な物、
お金より大切な物、

 

などという次元ではなく、

 

私たちが求めている物そのものなのです。

 

誰もが求めているもの、
それは素敵な時なのです。

 

私たちが求めているものは幸福な時間なのです。

 

だからこそ私たちは時間を浪費してはいけないのです。

 

時間を浪費するということは、
私たちが必要としている本当のものを失っているということなのです。

 

それはお金とは比べ物にならないぐらい
かけがえのないものなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*