歴史が人に示してくれる最も重要な命題は「当時、先のことは誰にもわかりませんでした」ということかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本日の名言・格言・心に響く言葉】

歴史が人に示してくれる最も重要な命題は
「当時、先のことは誰にもわかりませんでした」
ということかもしれない。

- 村上春樹 -

(日本の小説家。代表作に「ノルウェイの森」「ねじまき鳥クロニクル」「海辺のカフカ」「1Q84」がある。)

 

 

先のことは誰にもわからないのです。

 

この事実さえあれば、人生はいくらでも楽しめます。

 

確かに、これこそ歴史が人に示してくれる最も重要な命題かもしれません。

 

人が飛行機に乗って空を飛ぶことも、
電波という目に見えないものを使ってラジオを聞いたりテレビを見たりすることも、
当時、誰にもわからなかったのです。

 

目に見えないものでさえ発見し、活用し、
世の中は便利に変わってきているのです。

 

こんな異次元とも言えることが現実に起きているにもかかわらず、自分のこととなると、
まるで小さな部屋の中にいれられているかのような行動しか取らない人が多い。

 

夢、希望、願望、富み、名声、etc・・・

 

本気で願い、考え、行動すれば、必ずそれは手に入れられるのです。
私は最近、それを確信しました。

 

その中で、一番大切なことは、
願望を爆発的な願いにすること。
これが夢を現実にするための半分以上を占めると思っています。

 

80~90%ぐらいではないでしょうか。

 

なぜなら、
そこまで強い願望にすることが一番難しいのです。

 

失敗することの最大の原因は、それに一生懸命取り組めなくなる、
そのことに時間を投資できなくなること、そして継続できないことです。

 

ではなぜ出来なくなるのか。

 

世の中には楽しいことがたくさんあるからです。

 

お酒を飲みたいこともあるでしょう。
遊びに行きたいこともあるでしょう。
テレビを観たいときもあるでしょう。
たっぷり寝たい時もあるでしょう。

 

だから時間をそれらの楽しいことに費やしてしまう。

 

そしてそれらの誘惑に勝って目標に時間を投資したとき、
自分は努力していると感じてしまいます。

 

努力はもちろんいいことです。

 

しかし、私の経験上、自分が努力していると感じたとき、
いい方向には向かいません。

 

恐らく、そこに甘えが生じるからだと思います。

 

何かを達成する前から自分は努力していると感じているということは、
その自分に満足してしまいそうになっているのでしょう。

 

しかし、やはり努力は必要です。
そして、時には自分をねぎらうことも必要でしょう。

 

でもそれよりも大切なこと、
それは、やはり爆発するかのような強い願望を持つことです。

 

強い願望を持てば、
努力、忍耐だと感じないほどに、
目標に投資する時間が楽しくなるのです。

 

もっと言うと、それに投資していない時間に焦りを感じてしまうものなのです。
(恐らく投資していない時間に焦りを感じ、それを超越すると
その時間が楽しくて仕方がなくなるの順番が多いと思います。)

 

ここまで思考を持って来れば、80~90%成功したようなものです。

 

そこまで願望を強くする方法はたくさんあります。
が、長くなるのでここでは割愛させていただきます。
それについては、また書ける機会があれば。

 

ひとつだけ言えるとすれば、
そこまで熱くなる願望を持つ方法は、
それなりに高い目標でなくてはならないということです。

 

月30万円の給料を得たい、という願望であれば、
なかなか爆発的な願望にはなりにくいでしょう。

 

楽しいことに負けてしまうでしょう。

 

現実を見ることも大切ですが、
あなたの壮大な願望も十分に現実にすることが出来る。

 

当時、先のことは誰にもわかりませんでした。

 

という、歴史が人に示してくれる最も重要な命題を忘れないで下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*