失敗と不幸せの最大の原因は、本当に欲しいものよりも、その時欲しいものの方を選んでしまうことである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本日の名言・格言・心に響く言葉】

失敗と不幸せの最大の原因は、
本当に欲しいものよりも、
その時欲しいものの方を選んでしまうことである。

- ロバート・G・アレン -

(アメリカ合衆国の不動産投資家)

 

 

その時欲しいものの方を選んでしまうということは、
単純に、欲望に負けて楽しい方や楽な方を選んでしまうということですが、
では、なぜ欲望に負けるのか。

 

まず、そもそも本当に欲しいものが明確になっていないからです。

 

自分が手に入れたいものは何なのか。
そしてなぜ手に入れたいのか。
自分で分かっていないことが多いのです。

 

しっかりと自分が本当に手に入れたいものを見つめ、
その手に入れたい気持ちが信念となるまで想像することが大切です。

 

欲しいものが明確になっておらず、
自分の信念となっていなければ、
目の前にある、楽しいもの、楽なものの方を選んでしまうことは当然です。

 

著書「7つの習慣」
で有名なスティーブン・R・コヴィーはこのように表現しています。

 

ためらうことなく「ノー」と言えるようになる秘訣は、
自分の中でもっと強い、燃えるような大きな「イエス」を持つことである。

 

自分の願望、信念が燃えていなければ、
目の前の欲望に必ず負けます。

 

ある程度は「忍耐」というものでどうにかなるかもしれませんが、
耐えるよりも、その願望を燃やし続ける高いモチベーションを維持し続ければ、
自ずとそちらの方を優先したくなるものです。

 

本当に欲しいもののために、その時欲しいものに手を出さない秘訣は、
それに対して我慢するということよりも、
本当に欲しいものに対する情熱、執着を、
とてつもない炎で燃え上がらせることにあるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*