忙しくするだけなら蟻でもできます。問題は「何に忙しくするか」なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本日の名言・格言・心に響く言葉】

忙しくするだけなら蟻でもできます。
問題は「何に忙しくするか」なのです。

- ヘンリー・デイヴィッド・ソロー -

(アメリカ合衆国の作家、随筆家、思想家。)

 

 

私たちは、日々の目まぐるしい忙しさのあまり、
本質を見失うことが多々あります。

 

周りから与えられる仕事や作業、行事などに対応して、
それをこなすことに精一杯になっていることが多いのです。

 

場合によっては忙しさのせいにして、本当に大切なことをしない、
そもそも本当に大切なことは何なのか、考えることさえしない。
忙しいことは良いことだというような風潮すらあります。

 

しかし、重要なのは何に忙しくしているのかということです。

 

与えられたことをこなし、忙しくすることも大切なことです。

 

しかし、もっと大切なことは、
自分の深い価値観、本質と向き合い、
それに対して効果的に時間を使うことです。

 

こう言うと、
「そんなことは分かっているけど、忙しいからそれが出来ないんじゃないか。」
という人もいるでしょう。

 

しかし、それなら時間を作れるように工夫することが大切です。

 

いわゆる自己マネジメントです。

 

時間が無いから何も出来ないという人は、
時間があっても何もできません。

 

なぜなら、マネジメントが出来ていないからです。

 

マネジメントがしっかりと出来ていれば、
時間が無いということはありえないのです。

 

忙しいことは事実でしょう。

 

しかし、

 

本当に大切なことが出来ない=マネジメントが出来ていない

 

ということです。

 

出来ていないなら方法を変えて出来るようにする。
これがマネジメントです。

 

そもそも、大切なことに時間が取れない、ではなく、

 

時間を取るのです。

 

スケジュールに大切な事を組み込むのです。

 

どうでもいい事柄が周りから迫ってくるから重要な事は放置しなければならない、
ということ自体、そもそもおかしいのです。

 

しかし、ほとんどの人は、
向こうから迫ってくるどうでもいい緊急の仕事に一生懸命対応して、
本当に重要な事を放置していることが多いのです。

 

マネジメントが上手い人は、そういう緊急の仕事が迫ってこないように、
日ごろから対策や手段、ツールを持っているものです。

 

そして自分にとって本当に重要な事をする時間を作っているのです。

 

まずは、自分の本当に大切な物、重要な物、深い価値観と向き合ってみることです。

 

そうすると、今まで一生懸命やっていたことは、
実は自分が本当に望んでいる幸せや、やりたいこと、価値観とは全くそぐわないものかもしれません。

 

そしてその自分の深い価値観を見いだせたなら、
自分にとって重要な事項は最初からスケジュールに組み込む。
そのようにしてスケジュールを組んでみると、意外と忙しくない時間があるはずです。

 

まずは自分の本当に大切なこと、幸せ、願望、深い価値観を明確にすること。
そして次にその大切な事に時間を投資すると決め、それを優先的に最初からスケジュールに組み込むこと。
そのために、周りから迫ってくる、緊急でどうでもよい事柄に時間を取らなくてよいように普段から工夫すること。

 

現状、もし大切なことに時間を投資できていないのであれば、
これをするだけで時間の使い方は大幅に効果的なものになります。

 

時間は自ら選んで有効に使う物であって、決して支配されるものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*