賢者は自分に与えられるより多くの機会を作る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本日の名言・格言・心に響く言葉】

賢者は自分に与えられるより多くの機会を作る。

- フランシス・ベーコン -

(イギリスの哲学者、政治家。)

 

 

人生の中で、機会は必ず来ます。

 

努力していれば、誰かに認められチャンスが来たり、
より高いステージに上れたりします。

 

でも、意外なのは努力をしていない人にも機会が来るということです。

 

何もしていなくとも、周りから良い話が舞い込んで来たり、
環境が変わったりします。

 

前述の二つの違いは、努力した結果得た機会なのか、
何もせず得た機会なのかの違いです。

 

努力した結果得た機会は、死に物狂いでその機会を活かすでしょう。

 

しかし努力せずに得た機会を活かす人はなかなかいない。
むしろ機会にも気づかないことも多いものです。

 

この違いは当然大違いです。

 

努力している人の方がもちろん与えられる機会は多いでしょうし、
その与えられた機会を逃すまいとする気持ちも大きいでしょう。

 

その分、なんらかの成果を得られる可能性は当然高くなります。

 

しかし重要なのは、
単に与えられたことに努力するのではなく、
機会を自分で作る努力をすること。
より多くの機会を自分で作っていくことが大切になります。

 

よく、
「こんなに努力しているのに上司は認めてくれない。」
とか、
「これだけやっても成果が上がらない。」
などとよく聞きます。

 

どれだけ努力していて、何かのために身を粉にして頑張っても、
機会を待っているだけだとこうなります。

 

そして与えられる機会を待っているだけでは、
自分の思い描く成功にたどり着くのは非常に困難です。

 

なぜなら、それは与えられたものだからです。

 

つまり、与えられた機会で自分の思い描く成功にたどり着く為には、
自分の思い描く成功と、与えられる機会が
ドンピシャリとマッチしていなければいけないということです。

 

そんなことはほぼ不可能。

 

だからこそ自分自身で機会を作っていかなければなりません。
自分が思い描く方向へたどり着くための機会を自ら作るのです。

 

本当に達成したいことがあるのであれば、これしかありません。

 

いくら全力疾走で努力をしていても、
違った方向に進んでいるのであれば間違った方向に早くたどりつくだけなのです。

 

明確に自分の目標を設定したのであれば、
その目標に到達するために出来るだけたくさんの機会を作ること。

 

そうすれば、言い訳をする必要が無くなります。

 

自分で目標を設定して自分で機会を作るのですから、
誰に認めてもらわなくとも良いのです。

 

だからこそそういう人は言い訳はしません。
人のせいにもしません。
環境のせいにもしません。

 

機会は自分で作れるものだと知っているからです。
今ある結果は全て自分自身の責任だと知っているからです。

 

もし何かが違う、上手くいっていないと思うのであれば、
自分の目標や願望を明確にして、
出来るだけ多くの機会を自分自身で生み出してみてください。

 

そうすれば、必ず道は開けると、私は確信しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*