進路を決めるのは風ではない、帆の向きである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本日の名言・格言・心に響く言葉】

進路を決めるのは風ではない、帆の向きである。
人の行く手も海を吹く風に似ている。
人生の航海でその行く末を決めるのは、
なぎでもなければ、嵐でもない、
心の持ち方である。

- エラ・ウィーラー・ウィルコックス -

(アメリカ合衆国の著作家、詩人、「Poems of Passion(情熱の詩)」の作者。)

 

 

船の進路を決めるのは船長のはず。
だけどやっぱり風の影響を受ける。
何なら、嵐にあった日にはとんでもない影響を受ける。
でも結局方向を決めるのは嵐ではなく、船長自身。

 

嵐に遭遇して、自分の航海が出来なくなるのであればそれまでです。

 

もっと言えば、嵐の危険があるのに航海した船長の責任。
そして嵐に負けないのであればそれは船長の強さです。

 

結局、どれだけ、どこに帆を向けているかで船の向きは決まります。

 

人生も同じ。

 

どれだけ、どこに気持ちを向けているかで人生の行く末が決まります。

 

嵐にあいたくないのであれば港に船を泊めておくでしょう。
その航海の先に得たいものがあるのであれば、
時には嵐の中に向かうこともあるでしょう。
そして時には嵐の中に向かわなくてはいけないこともあるでしょう。

 

人生も雨、風、嵐のように、外部から影響を受けるが多々ありますが、
それは人生でいうところの困難であり、
決して困難自体が方向を決めるものではありません。

 

仮に困難な状況に遭遇したとしても、
逃げるのか、戦うのか、
戻るのか、進むのか、
どこに向かい、どう進むのか、
最後に方向を決めるのはいつも自分自身なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*