皆が喜んでくれる自分を演じるより、人目を気にせず素顔の自分を表現すれば楽になる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本日の名言・格言・心に響く言葉】

皆が喜んでくれる自分を演じるより、
人目を気にせず素顔の自分を表現すれば楽になる。

- 美輪明宏 -

(日本の歌手、俳優、タレント)

 

 

私自身、皆が喜んでくれる自分を演じる節がありました。
と言うより、今もそういうところはあるのかもしれません。

 

誰しもそういう部分があるのかもしれません。

 

でも実際に私が吹っ切れたときの経験から言うと、
人目を気にして自分を演じていた時と、
人目を気にせず素顔の自分を表現したと時との圧倒的な違いは
周りにいる人が変わるということです。

 

人目を気にせず自分を表現すると、
始めのうちは正直つらい部分があります。

 

でも気が付くと、周りにいるのは本当に大切な人だけになるのです。

 

そして新たに大切な人も増えています。

 

表現は適切ではないかもしれませんが、
「一緒にいると疲れる人」
と、程よく距離が取れるようになります。

 

よくよく考えれば、 喜んでくれる自分を演じているときは
本当に大切な人とは違う人と接している時だった気がします。

 

皆が喜んでくれる自分を演じるより、
人目を気にせず素顔の自分を表現すれば楽になる。

 

この言葉は
「自分の本質に気づくことができる」
という意味のように聞こえます。

 

自分が自分を表現することによって、
自分にとって本当に大切な人が残り、
大切な人がそばにいてくれるようになるのです。

 

これも良く考えれば当然の原則で、
演じた自分、つまり本音、本質とは違う自分を演じている限り、
自分が本当に必要とする人、好きな人は寄ってきません。

 

当然ですよね。
本当の自分じゃない自分を外部に発信しているのですから。

 

素顔の自分を表現すれば楽になる、というのは、
素顔をさらけ出すことで精神的に楽になるという意味ではなく、
そうすることによって、本当に手に入れたい人間関係や環境を作ることが出来る、
という意味ではないでしょうか。

 

冒頭部分で言ったように、素顔の自分を出すのは始めはつらい部分があります。

 

なぜなら今まで周りにいた人が居なくなる可能性が十分にあるからです。

 

それは今まで自分を演じてた人には特に怖いことです。

 

でもよく考えると、自分を演じることで自分をしんどくしている部分もあり、
自分を演じることで本当に大切なものを失っていることもあるのです。

 

本当の自分を表現しても、好きでいてくれる人がすでに何人かはいるはずです。
その人たちとは、自分を表現することでもっと深い愛情でつながることでしょう。

 

そしてもっともっと自分らしさを出せば、
自分を演じていたころより、たくさんの人と深い愛情でつながることが出来るのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*