答えはいりません。ただ聞いてあげればいいのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本日の名言・格言・心に響く言葉】

人の話を聞く耳を持つことは大事です。
もし身の上相談を受けたら、
一生懸命聞いてあげればいいのです。
答えはいりません。
ただ聞いてあげればいいのです。

- 瀬戸内寂聴 -

(日本の小説家、天台宗の尼僧。)

 

 

人の話を本当に親身になって聞くことの出来る人はどれくらいいるでしょうか。
これは簡単なようで実は非常に難しいことです。

 

自分では親身になって聞いていると思っている人もたくさんいるでしょう。
そして本当に親身になって聞いているかもしれません。

 

でも大抵の人は、人の話を本当に聞いているのではなく、
その話に対してどういうアドバイスや返答をするかを考えながら聞いていることが多いのです。

 

人の話に対してどう反応するか、そればかり気にしている人が多いのです。
心当たりありませんか?

 

私が思うに、
人はほとんどの場合、自分の心の中に答えを持っています。

 

それは、答えは決まっているのに相談している、という意味ではなく、
答えが心の中にあることを、本人が気づいていない場合が多いのです。

 

そしてその答えは、人に自分の本心を話している時に見つかることが多いのです。

 

だから、聞き手の役目とは、本当に一生懸命聞いてあげることだと思います。

 

それも本当に相手の立場になって、相手より相手のことを考えるぐらいに。

 

そうすれば、相手は自分の心の奥底の気持ちをその人にぶつけるでしょう。

 

その時に心の奥底にたまっていた自分の感情、気持ちが放出され、答えが見つかります。

 

親身になって聞いていなかったり、口をはさんだり、
自分の過去の経験からのアドバイスをされると、心を開けなくなってしまいます。

 

相手のために、真剣に

(どうアドバイスしてあげたら良いのかな~)

と考えてあげることは良いことなのかもしれませんが、
アドバイスとは、時として人の気持ちを断ち切る力を持っています。

 

こうする方が良い、こうしてみてはどうだ?と言われると、
もっと話したかった心の奥底の何かを放出できないまま、
結論を出された感じになり、それ以上深く話すことは出来なくなります。

 

その結果、そのアドバイスに対して

「でも」「だって」「わかっているけど」「それは難しい」

など、否定的な言葉が並ぶことが多くなり、
結局何も解決しない、ということになります。

 

本当に相手の話を聞くということは、
その言葉に対してどう返答するか考えることではなく、
一生懸命相手を理解することに努力し、話を傾聴し、
相手の心を開かせてあげることなのです。

 

もしそういう機会があれば、一度余計なことは考えず、
相手を理解しようと、話を傾聴してみてください。

 

そうすると、本当の意味で話を聞くということは、
相手だけではなく、自分にとっても、
どんなに素晴らしい時間であるか、気づくはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*