一人ひとりに天の使命があり、その天命を楽しんで生きることが、処世上の第一要件である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本日の名言・格言・心に響く言葉】

一人ひとりに天の使命があり、
その天命を楽しんで生きることが、
処世上の第一要件である。

- 渋沢栄一 -

(明治・大正期の日本の武士、官僚、実業家。約500社の企業を設立し、「日本資本主義の父」とも言われる。)

 

 

「使命」という言葉をどうとらえるかはひとそれぞれで、

人によっては嫌う人もいるかもしれませんが、

私個人的には、使命を追及し続ける人生でありたいと思っています。

使命という定義が難しいところではありますが、

私は、使命とはその人が、人に対して行えることだと思います。

なんかそのままで申し訳ないですが・・・(笑)

 

私は自分の使命を最近見つけました。

 

でも、今感じている使命のほかにもさらに新しい使命に出会うかもしれませんし

もっと沢山の使命があるのかもしれませんし、

実は今感じている使命は自分の使命ではないのかもしれません。

 

でも私は自分の使命を追求し続けていきます。

と、私のことはどうでもいいのですが、

私が言いたいのは、

使命を追及する方が楽しい、ということです。

 

もし、なんとなく人生を過ごしている人がいるならば、

生まれてきた意味を考えて頂きたい。

 

いや、生まれれたことに意味などない!

と言われれば、もしかするとそうかもしれません。

 

でも少なくとも言えるのは、

 

あなたは人生をなんとなく過ごすために生まれたわけではない。

ましてや、失敗するために生まれたわけがないのです。

 

そんなために、ご両親があなたを生んで育てたはずがないのです。

 

使命とは、私個人的には、人のために何かを行うことだと思っていますが、

そうでないと思う人もいるでしょうし、正解はありません。

 

人のためになることが使命ではないと思うのであれば、

少なくとも、自分のために何かを成し遂げてみてください。

 

自分のためであっても何かを成し遂げようとすることは

素晴らしい使命だと私は思います。

 

そしてその気持ちを持って腰を上げたとき、

少なくとも、すでにご両親という、人のためになっているのです。

 

人は一人で生きているわけではありません。

 

普段意識していなくとも、

人が生きている以上、必ず誰かと関わっているのです。

 

あなたが仮に、自分のために何かを成し遂げようと一生懸命になれば、

何らかの形で必ず誰かが関わってくるのです。

 

つまり、直接的に誰かに何かをしてあげようとしなくても、

あなたが頑張り、努力し、何かを成し遂げれば、

それだけで、あなたの周りの人は幸せになる。

 

それだけでも充分な使命だと私は思います。

 

さて、自分の使命は何なのか、

ほんの少しでも考えてみて下さい。

 

あなたの使命は何でしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*