やってみせ、言って聞かせてさせてみて、ほめてやらねば人は動かじ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本日の名言・格言・心に響く言葉】

やってみせ、言って聞かせてさせてみて、
ほめてやらねば人は動かじ

- 山本五十六 -

(日本の海軍軍人。第26、27代連合艦隊司令長官。海軍大将。)

 

 

私も常日頃からこの言葉は意識していますが、

今の指導者はこの言葉を知るべきだと思います。

 

もっとこの言葉を掘り下げると、

結局、信頼であったり愛であったりすると思いますが、

そのあたりはあえて掘り下げず考えても、

この言葉は素晴らしい。

 

なぜなら、部下をどう思っているとか、思いやっているとか、

愛を持って接しているとか、一生懸命面倒を見ているとか、

それぞれ想いはありますが、結局、人が育つ過程はこれしかないからです。

 

この言葉の、どれ一つかけても人は育たないでしょう。

 

そして今の世の中なのか、昔からなのかは分かりませんが、

「言って聞かせて」

の部分しか出来ていないのではないでしょうか。

 

どうしても私が伝えやすいのはビジネスの話になってしまいますが、

 

まず

「やってみせ」

 

今、やってみせる上司がどれだけ存在するでしょうか。

 

「私も君ぐらいの時はこれぐらいのことは当たり前にやったものだよ。」

 

なんて、よく聞くセリフです。

 

あなたがやってた時は私は知らないよ!

そんなことより、今この状況をどうするのかやってみせてくれ!

と、部下は思うのではないでしょうか。

 

一番重要なのは、この

「やってみせ」

だと私は思います。

 

もちろん、

「させてみて」

「ほめてやる」

も非常に大事です。

 

大半の上司、責任者は

「させてみる」

ことをしない。

 

なぜなら、させてみて責任を負うのは自分だからです。

もしくは、自分でやった方が早かったり、させてみることを手間だと思うからです。

 

「させてみる」≒「信じる」

 

上司は部下を信じてあげなければなりません。

 

誰かから信頼されることで部下は自分の自尊心を育て、

一歩進めるのです。

 

もちろん、これは部下に限らず、人間は皆そうだと思います。

 

そのことに、上司が臆病になってはいけません。

 

本当に会社のこと、部署のこと、部下のことを思っているなら、

その部下の行いの責任くらいとってやれ!

 

そうすることで、部下は育ち、またその上司に信頼を寄せるでしょう。

 

たとえ、それが失敗に終わっても、部下は育ちます。

 

そして、その部下はその上司についていくでしょう。

 

結果、何かの責任を取って失う信頼よりも、

その犠牲の代償として、より大きな信頼を得られ、

部下、部署、会社、そしてその人自身の大きな前進になるのです。

 

そして「ほめてやる」こともなかなかする人は少ないでしょう。

 

誉める部分は決して結果だけではない!

と私は声を大にして言いたい。

 

でも結果しか見ない人が多いから、誉めてやれない、

誉める部分を見つけれないのです。

 

どんなことでもいいのです。

 

あえて誉めてやる、というのは個人的には嫌いですが、

 

自分目線ではなく、

本当に心から相手の身になって考えを変えてみれば、

意外とその人の頑張りが見えるものです。

 

「私が君ぐらいの時はこれだけ頑張ったものだ」

ではなく、

「君はこの間までこうだったのに、こんなに出来るようになったのか」

です。

 

本当に相手の目線になれば、10が11になったら凄いことなのです。

喜ばしくて、誉めてほしいところです。

 

でも、100の人は11を誉めることが難しいのです。

 

これを覚えておいていただければ、少しは誉める心が持てるのではないかと思います。

 

以上のことで、人が育つ過程はこの言葉通りだと思います。

 

そして、この言葉が成立する最初の関門は

「やってみせ」

だと思います。

 

極端に言えば、模範になる人間になれば、

部下に限らず人はついて行きます。

 

もし、今の状況にあぐらをかいているのであれば、

模範となる姿を見せ、教えてあげて、信じてあげて下さい。

 

そうすれば、何かに一緒にとりかかったとき、

誉めてあげるなんてことは、意識もせずに出来る、当たり前の行動になるでしょう。

 

 

最後に、この言葉には続きがあるのでご紹介します。

 

やってみせ、言って聞かせてさせてみて、ほめてやらねば、人は動かじ。

話し合い、耳を傾け承認し、任せてやらねば、人は育たず。

やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*