間違った決断は、最後まで下されない決断に勝る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本日の名言・格言・心に響く言葉】

間違った決断は、
最後まで下されない決断に勝る。

- ブライアン・トレーシー -

(アメリカ合衆国の講演家、実業家、ビジネスコンサルタント。)

 

 

人生は決断の連続で決まると言っても過言ではありません。

 

人は決断を迫られたとき、
どのような決断を下せるかが重要である。

 

とほとんどの人が思うかもしれません。

 

しかし、一番重要なことは、

 

決断を下すと決断することなのです。

 

 

間違った決断は、最後まで下されない決断に勝る。

 

この理由は非常に簡単で、
決断を下せばなんらかの結果を得ることが出来る。

 

その結果を元に新しいアプローチが出来る。

 

つまり前進です。

 

一時的には何らかの後退や損失を被るかもしれません。
でも、それは前進であると認識しておかなければなりません。

 

仮に決断をせず先延ばしにしたならば、
答えはわからぬまま、現状維持となります。

 

現状維持は衰退。

 

結果を得られないということは、何よりの損失で、
いつまでも問題が残ったままということです。

 

これは何も、決断を迫られたときに限ってのことではありません。

 

自分の中の決断。

 

こちらの方がむしろ大切です。

 

冒頭で申し上げたように、
人生は決断の連続で決まると言っても過言ではありません。

 

そして、
決断を下すと決断することが重要なのです。

 

少し、思い返してみてください。

 

「こうしてみたいな・・・。」
「こうできたらいいな・・・。」
「こうであったらいいな・・・。」
「この方が良い気がする・・・。」

 

過去にこんな気持ちになったことはありませんか。

 

これは実は、非常に素晴らしい機会・転機・チャンスなのです。
ひらめきなのです。

 

もう一度言いますが、
人生は決断の連続です。

 

つまり、そうであればいいなと思っているうちは、
決断しないと決断しているということです。

 

本当に決断できる人は、

 

「こうしてみたいな・・・。」
と思ったらこうすると決断するのです。

 

「こうできたらいいな・・・。」
と思ったらこうすると決断をするのです

 

「こうであったらいいな・・・。」
と思ったらこうすると決断するのです。

 

「この方が良い気がする・・・。」
と思ったらこうすると決断するのです。

 

決断できない理由は、私の中では二つ。

 

それは

 

不安と怠慢です。

 

何かを決断するとやらなければならない、
そう思うと、決断しなければよいと思ってしまいます。

 

人生で失敗しない方法、それは何も決断しないこと。

 

確かにそうすれば失敗しません。

 

しかしそれは、人生に失敗していますよね。

 

そしてもうひとつ。

 

不安です。

 

「何かを決断して失敗してしまったらどうしよう。」
「うまくいかなかったらどうしよう。」
「自分の決断は間違っているのではないか。」
「間違っているぐらいならやめてしまおう。」

ここでもう一度言います。

 

間違った決断は、最後まで下されない決断に勝る。

 

間違ってたらそれでいいじゃないか。

 

決断しないことが一番の間違いだと気づきましょう。

 

ここでひとつ補足。

 

判断や決断が上手な人は、
間違った決断をした場合の代替案を、
結果が出る前にすでに持っているということです。

 

それがあれば鬼に金棒。

 

もしうまくいかなくても、私には金棒がある。

 

決断のないところに成功なし!

 

あなたの決断は、よりよいあなたの人生を創ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*