百聞百見は一験に如かず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本日の名言・格言・心に響く言葉】

百聞百見は一験に如かず

- 松下幸之助 -

(日本の実業家、発明家、松下電器産業〈現在はパナソニック〉の創立者。)

 

 

どれだけ聞いてみても、
どれだけ見てみても、
一回の経験には勝てない。

 

もちろん、聞くことも、見ることも大切です。

 

ですが、経験することを恐れてはだめです。

 

失敗しないように、たくさん勉強する。
失敗しないように色々な人からのアドバイスを聞く。
失敗しないようにたくさんのお手本を見てみる。

 

ですが、時には思い切ってボールを投げてみることも大切。

 

がむしゃらに壁に向かってボールを投げると、
ちゃんと跳ね返ってくるのか、
どれだけ跳ね返ってくるのか、
そもそも凸凹があってまっすぐ返ってくるのかも分からない。

 

だから、壁の凹凸がないのか確認してみる。
どれだけ跳ね返ってくるのか、計算してみる。
ほかの人のお手本を見てみる。

 

我々はそうやって、物事に取り組んでるのかもしれません。

 

でも、投げてみればすぐに答えは出ます。

 

それは、一時的には失敗を招くかもしれません。

 

でも、その失敗は、将来の成功に何倍ものスピードで近づくことになります。

 

ましてや、たくさんの確認をして、計算をして、お手本を見たところで、
自分が、その計算通りに投げられるのか、お手本通りに投げられるのかも分からない。

 

もしかすると、お手本よりずっと上手に投げられるかもしれない。

 

時には失敗することもあるでしょう。

 

でも、やはり百聞も百見も、
たった一度の経験に勝てないことが多々あります。

 

経験とは、尊いものです。

 

恐れず、とにかくやってみることも大切。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*