何回も能代弁で叱られ、何回も英語でも怒鳴られ・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本日の名言・格言・心に響く言葉】

何回も能代弁で叱られ、
何回も英語でも怒鳴られ、
そのうちの何回かは理解できなかったけれど、
何回も小さいから無理だと言われ、
何回も大男が落ちてきて怪我をし、
何日も眠れない夜を過ごし、
何回も人の言う事に耳をふさぎ、
何回も逃げ出そうと思った。
けれど、何万回もパスをし、
何万キロもドリブルして、
何万回も相手をフェイクし、
何万回も速攻を出し、
何万本もシュートを打って、
何十足もバッシュを履きつぶし、
僕はアメリカのコートに立った。
でも、僕の旅は終わりじゃない。
これは始まり。

- 田臥勇太 -

(日本のプロバスケットボール選手、日本人初のNBAプレーヤー、ポジションはポイントガード。)

 

 

物事の達成や成功に必要なことが、この言葉に集約されているのではないでしょうか。

 

そして田臥さんがこういう行動がとれた理由は
確固たる信念、覚悟、決断という強い意志を持っていたからだと私は思います。

 

夢を叶えるうえで一番大切な事は、
叶うまでやり続けること。

 

叶うまで努力し、
叶うまで耐え、
叶うまで軌道修正し、
叶うまで願望を燃やし続けること。

 

夢が叶うか叶わないかの違いのほとんどはここにあります。

 

そこまで出来ないのはまだまだ意思が弱いからです。

 

もちろん、忍耐というスキルは必要ですが、
そのスキルを上げるために必要なものが、
確固たる意志、燃えるような願望なのです。

 

その強い信念を持っていれば、
忍耐というスキルはおのずと上がっていくものです。

 

全ては強い意志から始まり、
成功という形で終わりを迎えるのか、
諦めという形で終わりを迎えるのか、
全ての終わりを決めるのも意思の力次第です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*