貴方の心が正しいと感じることを行いなさい。行なえば非難されるだろうが、行なわなければ、やはり非難されるのだから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本日の名言・格言・心に響く言葉】

貴方の心が正しいと感じることを行いなさい。
行なえば非難されるだろうが、
行なわなければ、やはり非難されるのだから。

- エリノア・ルーズベルト -

(アメリカ合衆国第32代大統領フランクリン・ルーズベルトの妻、著作家、婦人運動家。)

 

 

人それぞれ考え方があり、
何か行動をすればどこかで非難が起きるものです。

 

今まで通りの行動をすれば、
今まで周りにいた人は同じように接してくれるでしょうが、
本来交流を取るべき相手や、新たな人間関係は築きにくいでしょう。

 

またその逆で、今までと違う行動をすれば、
今まで周りにいた人から非難を食らうかもしれません。

 

正負の法則のように、これは絶対と言っても過言ではありません。

 

あきらかに正義である行動をとったとしても、
「格好をつけるな。」
「偽善者だ。」
などと、あるところからは非難が出るのですから。

 

そこで、一人でも多くの賛同者が現れる行動をするのではなく、
自分が正しいと感じることをするのが重要です。

 

なぜなら、自分が正しいと思う行動を取らなければ、
自分が必要だと思うものが手に入らない、
さらには失ってしまうからです。

 

ある人にとっては家族が何より大切だという人もいるでしょう。
あるいは仕事が大切だと思う人もいるでしょう。

 

もし自分が家族が最優先だと思っていて、
自分の周りの大多数が仕事が大切だといった場合でも、
自分の信念を曲げる必要はありません。

 

大多数の意見のために、
自分の大切なものを失う必要は無いということです。

 

ただ、頑固にならず、ある程度のバランスを取っていく必要はあります。
結果、それが自分の大切なものを手に入れるための、
もしくは守るための環境整備になるのです。

 

自分の信念を曲げる必要はありませんが、
わざわざ火の中に飛び込む必要もありません。

 

何かをすればどこかで非難が起きる。
これは、シーソーの片方が下がれば片方が上がるようなものです。

 

でも、揺るぎない信念を持てば持つほど、
そういう意見が気にならなくなります。

 

そして不思議なもので、
そうなればなるほど、違う意見の人と余裕を持って接することが出来るようになるのです。

 

他人の非難が気になるのは、
まだまだ自分に揺るぎない信念、一本筋の通った一貫性が無いからです。
自分の中にぶれない信念や一貫性があれば、
道をそらすこともなく、周りの避難が気になることもなく、迷うこともありません。
そうなれば、たとえ非難されようとも、自分に余裕が持てるのです。

 

そうなることで、意見の違う人とも
今まで以上に良いコミュニケーションが取れるようになるのです。

 

何かをすればどこかで非難が起きるのです。
非難を恐れて何もしないという選択だけは絶対にしてはいけません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*