たとえ一人になろうとも、全世界に立ち向かい給え!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本日の名言・格言・心に響く言葉】

たとえ一人になろうとも、
全世界に立ち向かい給え!
世界から血走った眼で睨まれようとも、
君は真っ向から世界を見すえるのだ。
恐れてはならない。
君の心に響く、小さな声を信じ給え!

- マハトマ・ガンジー -

(インドの活動家、政治家、宗教家、インド独立の父として知られる。)

 

 

この言葉には大変な勇気をもらえます。

 

ガンジー自身がこの言葉通りの生き方をして
世界を変えるという大成功を収めただけに、重みがあります。

 

一人になって、世界から血走った目で睨まれながらも戦い続けることは、
相当な勇気と忍耐と信念が必要だと思います。

 

だから、自分がやりたことがあっても、思っていることがあっても
なかなかその信念を貫き通せないことが多々あります。

 

でも周りによって自分の信念を曲げるということが
どれだけ無意味でもったいないことか。

 

周りを気にして自分の理想の生き方を殺すなんてことはあってはならないことです。

 

もちろん、それは周りのせいではありません。
他の誰でもない自分のせいです。

 

自分に勇気が無いから、自分に忍耐力が無いから、自分の信念が弱いから、
周りの目が気になり、それに屈して投げ出してしまうのだと思います。

 

君の心に響く、小さな声を信じ給え!

 

最初は小さな声かもしれませんが、
しっかり自分の声を聴いてあげることが大切なのです。

 

そして、何者にも屈しない強い心、強い信念を持って行動し続ければ、
必ず近い存在から、一人、二人と、その行動に影響を受けた理解者、協力者が現れます。

 

そして更に強く、更に一生懸命自分の信念に基づいて行動することで、
その理解者、協力者の範囲はどこまでも広がっていくはずです。

 

近い存在だけではなく、
場合によっては全く知らない人まで賛同してくれることもあるでしょう。

 

まさにガンジーの行動のように、その範囲はどこまででも広げられます。

 

周りに影響されるのではなく、自分の信念を信じて行動することで、
周りに影響を及ぼすようにならなければなりません。

 

周りに影響される人は、根本的に考えが逆なのではないでしょうか。

 

もし自分の信念の通りに行動することで
周りに睨まれたり、反対されたり、敵を作ってしまうのであれば、
自分の行動で周りの考え方や環境を変えてしまえば良いのです。

 

そういう人格者には直接的な協力者ではなくとも、必ず味方は出来ます。

 

なぜなら、
人は自分の信念を貫き、目的に向かって行動する人格者が好きだからです。

 

誰にでも、なぜか尊敬してしまったり好意を持ってしまう人が一人や二人はいるはずです。

 

そういう人は、大抵自分の信念を持った人格者ではないでしょうか。

 

自分から投げ出してしまわなければ、必ずその信念は報われると私は確信しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*