100回叩くと壊れる壁があったとする。でもみんな何回叩けば壊れるかわからないから、90回まで来ていても途中であきらめてしまう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【本日の名言・格言・心に響く言葉】

100回叩くと壊れる壁があったとする。
でもみんな何回叩けば壊れるかわからないから、
90回まで来ていても途中であきらめてしまう。

- 松岡修造 -

(元男子プロテニスプレイヤー。スポーツ解説者。ウィンブルドン選手権で、日本人男子として62年ぶりとなるベスト8に進出。)

 

 

目標や願望を叶えるうえで大切なことは、
あとどのくらいで叶うかを探ることではなく、
叶うまでやり続けることです。

 

あとどのくらいで叶うかを探る人は、
叶うまでやり続けるという決心が足りないから、
あとどのくらいか気になってしまうのです。

 

つまり、ほとんどの人に欠けているのは、
決して能力ではありません。

 

決心なのです。

 

願望や目標の達成は、
すぐそばまでやってきていることが多い。

 

もう間もなく、というところでやめてしまう。

 

叶う直前というのは、
例えまだまだ先は長そうに見えても、
急加速することも多々あるのです。

 

過去からの逆算で、
今でこれぐらいだからあとこれぐらいの期間や努力が必要だろう、
などと勝手に考えて、勝手にあきらめてしまう。

 

現実は厳しいというが、
本気で最後までやると決心し、
努力と忍耐を続けてきた人に対しては、
必ず報いをくれるものなのです。

 

私の好きな言葉で、以前にこのブログでも紹介した、こんな言葉がある。

 

辛い思いはすべてプラスになる。
苦しかったこと、悲しかったことが、いつか必ず花開く時が来る。
辛いこと、悲しいことは幸せになるための必要事項。
花開き、実を結ぶときに辞めてしまってはいけない。

- 美輪明宏 -

 

自分を信じ、必ず達成すると決心しよう。
そしてその決心を強固なものとし、
燃えるような願望を信念にまで変えるのです。

 

それが出来れば、あとはやるだけなのです。

 

その先には、
途中にあったたくさんの苦難にも負けなかった、
勝者のためだけのゴールテープが必ず用意されているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*